名前のない想い

SexyZoneについてぽつぽつと。

ふまけんというシンメ

こんにちは。今回は私が見事セクガルになった要因の1つともいえる「ふまけん」というシンメについて、新規ながらも書いていきたいと思います。

私がセクガルになった経緯は前回の記事を見て頂けると大体わかると思います。

  

grow-up-0422.hatenablog.com

 

さて、セクチャンによってセクゾちゃんたち、特に風磨くんという沼にハマった私。

ジャニーズにハマるのは彼らが初めてなので知らないことばかり。だからこそ知らない用語とか文化を(今もですが)勉強していました。

その中の1つが「シンメ」という存在。

基本的な意味は、ダンスの位置における対称な2人。だけどこの「シンメ」という存在を特別視している人が多いという。Sexy Zoneでは「ふまけん」と「聡マリ」の二組。

 

私は最初ふまけんと呼ばれているけど、なんでそんな特別視されているのか正直わかりませんでした。風磨くんといるときの中島さんはなんか特別かわいい顔しているなぁと思うくらいで。(そう感じている時点で割と沼の最初)

 そこで「ふまけん」について調べてみると…

・入所日が2008年4月20日(健人)と2008年4月27日(風磨)の1週間違い

・誕生日も1994年3月13日生まれ(健人)と1995年3月7日生まれ(風磨)の1年と1週間違い

・優等生のキラキラ王子様(健人)とやんちゃなリア恋爆モテ枠(風磨)というアイドル像が正反対な2人

が、ジャニーズ事務所に入って「シンメ」というくくりにされてからずーーーっと苦楽を共にしてきた2人…

 

プロフィールからして二次元すぎません?何この二人やばい。

 

そう思い始めたらもう最後、ふまけんという底なしの沼に突き落とされました。

そこでSexy Zoneの5年間とともにふまけんの関係性やパフォーマンスというのも調べてみることにしました。

ジュニア時代(BIでの活動)、氷河期、衝撃の8.25事件、セクチャンなどで突然繰り広げられる2人の世界(ex:焼肉回)、過去の雑誌やラジオなどの発言(ex:中島のことを馬鹿にしていいのは俺だけだ)、ふまけんでのパフォーマンス…

www.youtube.com

www.youtube.com

 

この二人…やばい。(二回目)

 

だって、どんな状況でもただひたすらに前を向いて優等生の中島健人くんが唯一のシンメの菊池風磨くんに対しては特別な表情を見せる。それが特別かわいい笑顔だったり険しい顔だったりだったりしますが、中島健人のことを唯一ペースを乱せる相手が菊池風磨なんです。と私は思っている。最高。

 

もうこのことに気づいたらもうふまけんという2人から目が離せなくなってしまいました。

私は8.25事件以降に好きになったので100%知ることはできないのですが、2人のぎくしゃくとしてた時代から、8.25事件を経て、現在では健人さんの言うことには全肯定する風磨くんと風磨くんの横ではかわいいきゅるんとした笑顔を見せる健人さんというまあ蜜月期な2人。(あとお互いファンへのマウンティングが恐ろしすぎる)

 

ふまけんは現在進行形でこれからも形を変えていくのかなぁと。だって人間だもん(byみつを)。2人のことは2人しかわからないし、結局ファンは見守ることしかできない。でもどんなふまけんでもお互いがお互いをリスペクトして、「シンメ」として切磋琢磨していくことはずっと変わらないと思います。だからこれからふまけんが創り出すであろう時代を私は応援したいと思います。

どんなふまけんも私は大好きです。2人にしかわからない、熱い何かがいつの時代も見えるから。最終的にお互いの火をつけることができるのは彼らだけと感じたから。

 

さて最後に一言。 

ふまけんは哲学で運命で宇宙だ。

p.s.ふまけん対談があるらしいですね、激重なセリフが出てきてて早くも死にそうです。

 

 

風磨くんと忘れられない夏を過ごした話。

8月7日に風磨くんのソロコンサート、「風 is I?」に参戦いたしました。

結論から言います、最高に素晴らしいコンサートでした!!!!菊池風磨天才!!

 

今回、初めて風磨君のコンサートに行ったわけなんですが、本当に楽しかった。

ただ楽しすぎて記憶があいまいであるため、レポを読みながらセトリとか見ながら思い出しながら書いています。解釈の違いはあると思いますが、ご了承ください。

 

 

風磨くんはMCで「後悔」が今回のテーマであるといっていました。

設定は12歳で死んでしまった風磨くんが一日だけ22歳の体に戻って仲間(SixTONES)と過ごすというもの。今を後悔しない生き方をした、12歳の風磨君がそこにはいました。

 

前半、仲間と楽しくドライブしたり、はしゃいだりして、これは夢なのかときっと風磨くんは思いながら過ごして。神様に家族を持ちたい!というお願いをして一日だけキチガイ家族を持つことができて、。本当に楽しくて。

でも後半、そろそろ終わりがきてしまって、でも自分はまだ後悔のないように生きたい、まだ友達や親などいろんな人に感謝しきれていないというのが伝わってきました。

最後、みんなで記念写真撮るんですけど、風磨君だけ結局いないんですよ…でもみんなと楽しく後悔なく過ごせたからみんなも頑張ってというメッセージを私なりに受け取りました。

 

ジャニーズらしくない、素晴らしい演出だったなあと私は思いました。

私は風磨くんからジャニーズに入った人なので、なんせ赤西君の曲とか山pの曲は全く知らないのでセトリだけ見たときめちゃ心配でした。ついていけるのかなと。

しかし、曲は全然知らなくても風磨くんは自分の曲かのように丁寧な表現をして歌い上げるのですごくすごく入り込む。セトリ知らなくてもすごく楽しいあっという間な時間を過ごすことができました。

私は風磨くんが去年の夏から脱反抗期へなれたのを、「風磨くんなりの就活」だとずっとずっと思っていて。

嵐になりたくてジャニーズ入って、でも自分のやりたいこととは違ったデビューからたくさん悩んで、かつての仲間が素敵な人たちと活動して、かわいい仲間がどんな時も慕ってくれて、いつも一緒の相棒はどんな時でも前を向いていて。

たくさん悩んでいた時に大学4年生になって大学の友達も将来のことを考え始めて、「自分とはどんな人間なのか」と自問自答している姿をみて、じゃあ自分はどうなんだ、自分はこれからどうして行くべきなのかと風磨君なりに考えたのが去年の「風 are you?」なのかなあと私は思います。

去年はそうやって風磨くんなりの就活をして、社会人になって初めての今年のライブ。

卒論で「新しいライブを作る」をテーマを書いていたように、ジャニーズ以外の曲を歌い上げていたのが印象的でした。

去年、「自分とはどんな人間なのか」と自問自答していってじゃあ自分はこういう人間だ!というのを表したのが今年のソロコンなのかなあって。

風磨くんとSixTONESって自分をうまく魅せるというところがとっても似ていてプライベートもすごく仲良し。雰囲気が似ているし一時期はきっと「こいつらとやれたらな」と思うことはあっただろうな、と感じたし実際にそれでもやもやした当時のファンはいたと思う。

だからこそ風磨くんのソロコンでは自分を引き出すために自分と似た彼らをバックにつけて「菊池風磨」というのを最大限に引き出すんだろうなと思った。そして彼らとは違う「Sexy Zone」にいるからこそ自分の存在は武器になることも。そういったことがよくわかるコンサートだった。

 

そんな風磨くんの「覚悟」がとてもわかるコンサートだった。「Sexy Zone」として生きていくうえで毎日「後悔」のないように生きていくことを決めた風磨くんのソロコンサート。本当に忘れられない夏になりました。

この私の解釈は違うのかもしれないし、少しだけあっているのかもしれない。でもライブ終わって「あのライブはどういう意味だったんだろう」と考えさせられるライブってなかなかないと思うんです。だからこそあのライブに入った人一人一人が自分なりの解釈をして風磨くんと過ごした夏を素敵な思い出にしていたらいいなと思います。

 

 

風磨くん、SixTONESありがとう。

 

 

 

実写「心が叫びたがってるんだ」をみた感想【ネタバレあり】

こんにちは、今回は我々の神・中島健人の主演映画「心が叫びたがってるんだ」を見てきたので感想を書いていこうと思います。私はネタバレしまくるので、ネタバレが嫌だよ!とかまだ見ていない人は読みことをあまりおススメしません。

また完全に自己満な感想文なので読むのも自己責任でお願いいたします。

 

まず、私の原作「ここさけ」についての知識量は、

・主役の順ちゃんの声優がいのりんということ(チノちゃんモフモフしたい)

・言葉を失った?少女の話

・「あの花」と制作が同じ。

くらいでした。

でもめちゃ人気なの知っていたし、実写化するって知った時は新しいお仕事で喜ぶ半面「なんで我々の神(中島健人)にそんな重大な責任負わせるん?実写化アンチにケンティーが叩かれるいやだよぉ」と実は思っていました。

 

そして実際に見に行った結果。

めっちゃよかった!!!

まず皆演技が上手。1人ずつ感想をいえるくらいうまいなと素人の私が感じた。

まず芳根京子ちゃん。朝ドラ女優ということもあって、順ちゃんという言葉をしゃべれない分表情で演技しなきゃなんだけどめちゃうまい…演技に惹きこまれました。(ラブホで拓実に「きもいんだよ」というシーンがめちゃうまいと個人的にはぐっと来た)

そして中島さん、いつもの「中島健人」がうまく消えていてダルさをどこか感じている「拓実くん」になっていたなと思う。本音を言えなくて隠している感じがうまく出ていたなあと。(でも初登場の自転車漕いでいる場面に一番最初に思ったのは「足なっが!!!」でしたごめん)

石井杏奈ちゃん、実はE-girlsだとこの前初めて知りましたごめんなさい。でもいい意味でE-girlsぽくなくて(私のイメージするLDHってパリピ全開できらっきらしているイメージなので)優等生で優しい仁藤ちゃんだった。

寛一郎君は、本当にこれが初出演?って感じだった。本当に田崎がそこら辺にいるような野球部員だった。嫌味っぽい先輩さも実は純粋なところも伝わってきた。

 

そして内容としては、Twitter見る感じ原作を再現している感じぽいですね。アニメ未見の映画初見で見たけどめちゃ感動しました。

特に感動したのは最後ラブホで順と拓実が向かい合って本音をぶつけるところ

順が私の「せい」でパパとママが離婚して…といっていたところを拓実が成瀬の「おかげ」で俺は変われたと言っていたのがめちゃ感動しました。私も普段「せい」と「おかげ」と使うのを変えることによってかなり差が出てくると個人的に思っていて。同じ影響を与えるという意味でも「せい」と「おかげ」って言葉が変わるだけでプラスにもマイナスにもなるので紙一重だなと感じているからこそジーンときました。

 

あと順が田崎の後輩部員に言った「言葉は傷つけるんだから。後悔したってとりもどせないんだから」というセリフ。

グッときました。言葉って感情を具現化する手段であるから一度言ったらその威力は抜群であり、ケンティーの言葉を借りると「ナイフにも花束にもなる」。順がしゃべったことで家族が離婚したという経験がある彼女が言うからこそ重く響きました。

 

特に印象に残ったのはこの二つ。ほかにもたくさん心に来る場面はたくさんあって、(ミュージカルで「私の声」を歌う順とそれを見ているお母さんとか)思い出すとウルっとしていています。

 

あと、拓実君について。私は拓実君どうしても好きになれないわ、ごめん。(笑)

キャッチコピーが「最高の失恋はきっとあなたを強くさせる」だったので、私てっきり拓実くんが失恋するのかと思っていた。でも違った、お前が振るんかい!!!

順のことあそこまで気にかけてたのに実は仁藤が好きなんかーーーーい!!!思わせぶりにもほどがあるわ!!!って突っ込んでました。(笑)でも確かに仁藤のことちょくちょく見ている場面があったな…二回目はそこにも注目したいと思いました。

 

あとセクガルフィルター的に萌えるポイントとしては

・ケンティーに「ラブホ」といわせる。

・ケンティーが孫役だった、いつもかわいいけど孫効果でもっとかわいい。

・ケンティーのお風呂上りで髪の毛ぼさぼさ、フルーツオレ?飲んでるのがかわいい

・ケンティーがマジックテープ式お財布を使っている(脳内で某ボカロ曲のマジックテープ式財布を歌う曲が出てきた)

・ミュージカルがケンティーだった、王子役ではなくただの王子がそこにいた。

などなどたくさんありました。(作品本当にしっかり見ていたのかお前といわれそうごめんさい)

 

ただ私がちょっとなあと思ったコト(ここが一番言いたかった)は、「番宣でのキャッチコピーがずれている」ということ。

確かに「失恋」は順にとっては成長させることになったのかもしれないけど、本当にこの作品が言いたかったのは「失恋」じゃないでしょ?って感じでした。作品を見る前から「最高の失恋」とか言っている時点でネタバレじゃない?とか思ったけどそもそも焦点が違うじゃんと。

Twitterにもちょこっと書きましたけど、実写アンチは絶対いるし、ジャニーズ起用だと尚更。(私も正直その作品はジャニーズ起用の映画で実写をやめてくれと思う作品あります。)でもそんな人に認めてもらうためには銀魂のようにしっかりとした宣伝であったり作品へのリスペクトが必要であると思うんです。(銀魂にも当然アンチはいるのは知ってるけど実際に数字を出しているから成功といえると私は思います。)

ここさけでは、その見るかどうかの悩む入口である宣伝の焦点がずれているからこそ内容が原作とかなり違うのでは?作品を全然リスペクトしていないと危惧しているのかなとか思いました。

でも、実際に原作ファンの方でもここさけ実写よかった!と言ってもらっていることもあるし、一緒に行った友達(ジャニオタでもアニオタでもない子)がもう一度みたい!と言ってくれる素敵な作品になっているのでぜひ食わず嫌いしないで見てほしいなあと思いました。

 

皆「心がさけびたがってるんだ」見ような!!!!

 

 

SexyZoneという沼にハマった話。

初めまして、今回は二次元オタク(今もゆるくやってますが)だった私が絶対にすきになるとは思わなかった「SexyZone」という沼にハマってしまった経緯をつらつらと書いていきたいと思います。(ただの自己満ですので、誤字脱字もあると思いますが、温かい目でみてください)

では早速行きますよ~!!!

 

ジャニオタになる前の私といえば、ジャニーズのことは、ジャニオタのお友達が小中高大と必ず1人はいたので何となく派閥があって、曲も何となく知ってて…程度でした。あとなぜだかカウコンは必ず見ていました。

そして、高校三年生の時、大学受験の息抜き(きちんと勉強しろ)として見始めていたのが「Rの法則」でした。そしてキスマイ担のお友達にそれを言ったところ「それ、ジュニア出ているよ!!」といわれてびっくりしました。ジュニアってテレビ出るの!?と。

当時特に気になってたのは、樹(お兄ちゃんやめたのに頑張ってるなと思った)、ジェシー(当時のお顔がドストライクだった)でした。頑張ってほしいな~デビューしたらひっそり応援するねと思っていました。

 

そして数年後のある日、ふと思い出しました、樹とジェシーのことを。

「そういえば彼らは今どんな感じなんだろう、ちょっと気になるから調べよう」

これがジャニーズの沼にハマる第一歩だとも思わずに。

(まだセクゾちゃんは出てこないんだごめんね

 

当時の私(田中樹…しっくす?すとーんず?何それちょっと調べてみよう…え、歌歌っているのある~見てみよう)

 

www.youtube.com

めっっっっっっちゃ歌うまいやんけ!!!!!!!!!やばい!!!

正直ジャニーズって歌がうまい人がグループに一人くらいとかいう意味わからない偏見を持っていた私にとってはかなりの衝撃でした、みんな歌がうまいし魅せ方がうまい!しかもまだこれデビューしていないんだぜこの人たち…(早くCD出させろ)

 

見事SixTONESに心持ってかれた私は他メンバーのことを調べ、ようつべにあがっている曲をとにかく聞いて…とにかく彼らのことを知れば知るほど魅了されていきました。

 

そしてようつべでSixTONESの出ている動画をとにかく見ていた時、ふとようつべの自動再生で流れてきたのです。

www.youtube.com

そう、(やっと来ました)セクガル量産機番組Sexy Zone CHANNEL!!!!!

衝撃的すぎました、なにこれ面白い!!!!!!

 

私の中のSexyZoneというと、すっごく若い子たちで私と対して年齢が変わらないとあまり知らなかったのにとか思っていたのに、めちゃめちゃ面白い。

セクチャンは、笑いあり感動あり、5人の個性がうまく出ていて仲の良さが伝わってくる、50分って結構長いと思うのに飽きさせない展開、バラエティー的においしいところ(主に聡ちゃん)が舞い降りて来る、年長2人が暴れる、ボケが乱雑している中、ツッコミをとにかくする勝利、いじられる年下2人、和田さんが面白い

 

関連画像

 

そしてとにかく来る日も来る日もセクチャンをみる毎日。

 

そう、いつの間にか沼に落とされていました。

「SexyZone」という沼に!!!!

 

特に私が突き落とされたのが風磨くん。なんといっても言葉の選び方が天才。

慶応卒ということもあってほんとに頭いい言葉のチョイスだな~と思う。チャラい見た目して頭いい一面があるなんてギャップ萌えするよ…そのあともいいお兄ちゃんだったり家族想いな一面とか爆モテリア恋枠であったりソロ曲が天才的だったりどんどん惹かれていくんですけど。ほんと菊池風磨は罪な男。

 

セクチャンで彼らの魅力がわかってきた私はようつべで次は彼らの曲を聞くように。

ここでも衝撃なことが。

皆、歌めちゃうまいじゃん!!!!!!

アイドルだろうが何だろうが歌を歌う機会があるなら歌唱力がある人が好きなんです、私。(何様だよ) だからこそセクゾちゃんにはほんと惹かれていきました。

 

そしていろいろ調べました、彼らの5年間を。

ジュニア歴が短い彼らがデビュー、3人と2人で分かれていた時のこと、私が見事突き落とされたふまけんというシンメ(この2人については別件で書きたいと思っています)、風磨君の反抗期のこと、5年とは思えないくらい密度の濃いことばかりだなぁと私は感じました、そして同年代の子たちが過ごすにはつらいことも。

だからこそ応援してやりたいとすごく思いました、そして後悔しました。なんでSexyZoneをもっと早く知ろうとおもわなかったのか!!!!!!

 

もうとにかく彼らのことを知れば知るほどハマっていく…でもジャニオタってどうしてもレベルが高いイメージがあるし、ファンクラブ入るのはなんとなくためらっていました。(そんなためらい捨てろと今なら言いたい)

ファンクラブに入ろうと決断したのは、今年の5月まで行っていたSTAGE魂。

Twitterはてブを読んでもとにかく絶賛の嵐。どうして行こうとしなかったのか、私!!!!!演出・菊池風磨天才ですか。

ドドド新規ながらもいろんな方の感想を読んで、私も行きたい!SexyZoneをしっかり応援したい!!とすごく思い、ファンクラブ入会を決意しました。 (またキントレのためにジュニア情報局にもちゃっかり入りました。)

 

という風にド新規でジュニアにハマってデビュー組を好きになると異例なパターンではありますが、セクゾちゃんには本当に売れてほしいと思うし、いつでも全力で応援したいと思っています。いつも彼らに本当に元気をもらっていて、同世代で頑張っている彼らを尊敬しています。今回はそんな気持ちを込めてこのブログを書かせて頂きました。

 

最後に一言…

SexyZoneに幸あれ!!!!!

(SixTONESは早くデビューしてCD貢がせてくれ)

 

ここまで駄文を読んでくださった皆様、Sexy Thank You!!!!!